ホームインスペクションというもの

ホームインスペクションて何?

最近注目のホームインスペクションを利用しよう

ではまず最初に、ホームインスペクションというものは一体どんなものなのかということをご説明させていただきます。 このコラムを通じて「えっ、ホームインスペクションなんて初めて聞いたよ」という方も少なくはないでしょう。 そんな方にも、わかりやすくお話したいと思います。

まずはホームインスペクションについて知ろう

このコラムを読まれている方の中には、これから自分の家を持とうかと計画中という方もいらっしゃるでしょう。
中にはもう中古で家を買ってしまい、あとは入居するだけという状態なんだという人もいたりするかもしれませんね。
しかしその前に、やるべきことがあるのはご存知でしょうか。
それは、「ホームインスペクション」というものです。
もはやここ数年は常識になりつつあります。

ですが、もしかするとホームインスペクションというものをやったことのない人や、ホームインスペクションという言葉自体今ここで初めて聞いたという人も多いと察します。
簡単にご説明すると、その家の劣化状況や直すべき場所があるかどうかというのをプロの眼で診断してもらうという作業のことです。
中古の住宅を買う場合や、逆に売り出すときには絶対にした方がいいものです。
事前にしてもらうと、後々困るということがなくなるからです。

ここまで読んでみて「でも、正直売るとかいう予定はないし」とか「入居してから特に異変はなかったし」という理由でこの仕組みにそんな興味を持たれていない方やもしくは診てもらいたくても尻込みをしている方も中には出てきているかもしれませんね。
ご心配いりません。
すでに建てて何年も経過している家でも診てもらえます。
むしろその状態の家の方が診てもらうべきなんです。
なぜかと言うと、雨漏りなどそろそろ劣化が目立ってくる時期だからです。
この件に関しては、プロの不動産屋さんも推奨しています。

家は一生付き合っていく大切な家族の一員です。
これを機に、ホームインスペクションを依頼してみてはいかがでしょうか。

ホームインスペクションの内容とは

続いては、そんなホームインスペクションの詳しい内容について、ほんの少しですが、ご説明させていただきます。 ただ単にホームインスペクションと聞いても、素人にはパッと説明が出来ません。 そんな方でもお分かりいただけるように、簡潔に話したいと思います。

ホームインスペクションが私たちに言いたいこと

では最後に、ホームインスペクションを通して住宅が私たちに言いたいこととは何なのかを少しですが、紐解いていきたいと思います。 ホームインスペクターというプロの手を借りて、住宅が今現在抱えている問題がだんたん明るみになってきました。 それは最終的には、私たちに降りかかっている問題でもあるのでしょう。

TOPへ